いちご鼻の原因とは?毛穴や鼻のぶつぶつを改善するには

MENU

いちご鼻の状態や原因を徹底追及してキレイなツルツル鼻を目指そう

いちご鼻ってどんな鼻のこと?

いちご鼻とは

鼻をじっくりみたときに、いちごのゴマのような黒ずみがある状態をいちご鼻と呼んでいます。
普段メイクをしているので気づきにくいですが、メイクを落とした後の鼻の角栓が黒く見えている状態は自分でもガッカリしてしまいます。

 

角栓が黒く見えるのは毛穴に汚れが詰まっている状態です
通常の洗顔では落としきれない汚れが徐々に毛穴に入ってしまい、時間が経つとただの汚れではなく固まって角栓と呼ばれるものになります。

 

まさに毛穴を防ぐ栓になってしまうのです。
こうなると通常の洗顔では簡単に洗い流せないのでとても厄介です。

さらにその状態が放置されると元の角栓に次々に汚れが付着して、どんどん角栓が大きくなります
固い状態で大きくなっていくので、毛穴が広がって周囲の皮膚が押されていきます。

 

見た目にも角栓で押された皮膚がデコボコしてきます。
お世辞にもきれいな状態とは言えないので人の目が気になり恥ずかしくなります。

 

このまま汚れを放っておくと角栓が目立ってくるだけでなく、汚れの影響から鼻の皮膚が赤みを帯びてきたり、鼻にかゆみを覚えたりします。
この状態でメイクをすれば、さらに状態が悪化するのは目に見えています

何がいちご鼻の原因になっているのか

皮脂分泌の異常

毛穴に詰まってしまう汚れの多くは皮脂によるものです。
毎朝毎晩キレイに洗っていても次々に出てくるのが皮脂汚れです。

 

これをキレイに洗い落とすことで清潔な肌をキープできますが、皮脂の分泌が多いと毛穴に汚れがたまりやすくなります
毛穴の汚れは落とすのが難しいため、皮脂分泌の量が多くなると必然的に毛穴に皮脂がたまってしまいます。

 

いちご肌になる原因のひとつが皮脂分泌の異常なのです

ターンオーバーが乱れている

ターンオーバーとは私たちの肌の生まれ変わる様子を意味しています。
肌のターンオーバーが整っていると次々に新しい皮膚が生まれ変わりますが、部位や年齢によってターンオーバーの速度に違いがあるのです。

 

本来顔はターンオーバーが早い部位に分類されるのですが、いちご鼻になるということは相当ターンオーバーが乱れていると考えられます。
その一番の要因は加齢やストレスなどです。

 

ターンオーバーは人それぞれ個人差があるものの、年齢を重ねてくれば誰でもその働きが鈍ってきます
ちょっとした傷でも治りにくくなるというのがまさにそれです。

 

新陳代謝の働きが低下するため新しい皮膚に生まれ変われないので、いつまでも鼻に古い皮膚が残ったままになります

毛穴が広がったまま

これは毎日のケア不足によって肌質が固くなってしまうことが大きな要因です。
キュっと引き締まった毛穴が理想ですが、鏡をよく見ると毛穴が目立つと答える方は少なくありません。

 

毛穴が広がったままだとそこに汚れがたまりやすいですから、その汚れが固い角栓となっていちご鼻になってしまいます。
毛穴を引き締めるためのケアを毎日続けなければ鼻のぶつぶつによる黒ずみや赤み、かゆみなども解消されないでしょう

お肌の乾燥

先ほど話した毛穴のことですが、その主な要因がお肌の乾燥と言われています。
なぜお肌の乾燥と毛穴が関係しているのか不思議に思うかもしれませんが、しっかりと潤ったお肌にはハリがあります。

 

必要な水分が保たれているのでお肌全体がふっくらするのです。
これによって毛穴が押されて毛穴そのものが小さく目立たなくなります

 

大きくて目立つ毛穴はお肌の乾燥が原因だったのです。
お肌の乾燥が解消されれば毛穴も目立たなくなります

お肌の洗いすぎ

化粧水も美容液もしっかり使っているのにどうしてお肌が乾燥するのか、実はお肌の洗い方に原因があることをご存知でしたか?
もちろん使っている化粧水やクリームに保湿成分が少ないことも原因かもしれませんが、お肌の洗いすぎによってお肌に必要な潤いまで一緒に洗い流している可能性があるのです。

 

汚れがお肌を不潔にして鼻に角栓を作るのだからしっかり洗ったほうがいいと思うのはもちろん間違いではありません。
カギを握るのは「洗いすぎ」です

 

本来私たちの健康な肌をキープするためには、お肌に必要な潤いを残したまま汚れだけを洗い落とすことが大切です。
洗いすぎは肌全体を過敏な状態にさらしてしまうため非常に危険であることを覚えておいてください

毛穴パックのやりすぎ

根こそぎ鼻の角栓が取れて気持ちいいという方も多く、定期的に毛穴パックを使っている方も少なくありませんが、これはいちご鼻を解消するための根本的な解決法になっていません
確かに毛穴パックをするとシートにびっしり角栓がついてきて、パックのあとは気分も爽快です。

 

しかし角栓だけでなく皮膚表面の潤いまで根こそぎ取ってしまったため、肌表面の潤いがなくなり、さらに乾燥した肌から潤いがどんどん逃げてしまいます。
角栓は取れるけれど毛穴は広がったままだし肌はカサカサ、カピカピという最悪な状態の誕生です。

 

毛穴が広がったままですから、結局すぐに皮脂がたまって角栓を作りだしてしまいます

鼻ぶつぶつを正しいケアで健康にしよう

正しいクレンジングのやり方

クレンジングひとつでいちご鼻になるか、それともツルツルきれいな鼻になるか大きな分かれ目になります。
クレンジングで毛穴の奥の汚れまでキレイにさっぱり洗い流すための方法をご紹介します。

  1. まずは蒸しタオルを使って肌全体、毛穴の中も温めます。

    蒸しタオルの作り方は簡単です。
    フェイスタオルを水で濡らして軽く絞り、ラップでくるんで電子レンジで温めます。

     

    電子レンジの機能にもよりますが、時間は30秒〜1分程度。
    温め終わったらラップを外して必ず温度を確認してください。
    予想以上に熱くなっていると火傷の恐れがありますから、必ず事前に温度を確認して、温めすぎたら少し時間をおいて冷ましましょう。

  2. 顔全体を覆うように蒸しタオルを乗せます。

    じわじわと肌の奥まで温まる様子を感じるでしょう。

     

    あまりの気持ちよさにこれなら毎日続けられそうという方は案外多いようです。
    肌全体が温まると肌がふわふわ柔らかくなってるのが分かります。

     

    ここまでの状態になると毛穴の汚れも温められたことで柔らかくなります。
    固くて頑固だった角栓も落としやすくなります。

  3.  

  4. 肌が冷えてしまう前にクレンジングを肌全体に乗せていきます。

    このとき手のひらにクレンジングを乗せて指でクルクル回して少し温めてから顔全体に乗せるとなじみやすくなります。

  5.  

  6. 温めたクレンジングを顔全体に乗せて指の腹でクルクル優しくマッサージしますが、くれぐれも力を入れすぎないように注意してください。

    イメージとしては肌表面と指の腹の間にクレンジング液を滑らせるような感覚です。
    これなら肌を傷つけることがありませんし、毛穴の角栓や汚れも先に温められて柔らかくなっていることからスルスルと毛穴から出てくるでしょう。

正しい洗顔のやり方

クレンジング同様、肌に刺激を与えずに、いかに汚れを綺麗に落とすかが大切です。

  1. まずは自分の肌に合った洗顔料を選びます

    敏感肌、乾燥肌、脂性、混合肌、それぞれに合った洗顔を選ぶことで肌トラブルを回避できます。
    このとき避けてほしいのが洗浄力が強すぎるものや、スクラブが入っているものです。
    どちらも肌に大きなダメージを与えるため必ず避けてください。

  2. 先に手を綺麗に洗ってから洗顔料を手に取ります

    手のひらでたっぷり泡立てる必要がありますが、そのままだと泡立ちが悪く大変です。

     

    100円ショップなどに売ってる泡立てグッズを使うと簡単にふわふわの泡がたくさん作れます。
    これを肌全体に乗せていきます。

  3.  

  4. 先ほどのクレンジングに似ていますが、指でこするのではなく泡でこするイメージです

    肌から指を少し浮かせて、その隙間に洗顔泡を挟んで泡で肌表面を洗っていきます。

     

    くれぐれも力を入れすぎないでください。
    不思議に思うかもしれませんが、洗顔やクレンジングは力を入れるより力を抜いたほうがクレンジング効果、洗顔効果が発揮されます。

  5.  

  6. 顔全体を洗い終わったらぬるめのお湯ですすぎます。

    洗い残しがないようにしっかりすすぎましょう。

     

    このとき絶対に熱いお湯は使わないでください。
    肌表面を刺激から守る潤いまで洗い流してしまう可能性があるためです。

     

    ぬるめのお湯で洗顔泡や汚れをしっかり洗い流しましょう。

  7.  

  8. 汚れをすべて洗い流したらフェイスタオルで顔全体を優しく覆ってください。

    水分をタオルに吸収させるイメージです。

     

    しっかりふき取りたくてこする方がいますが、これは摩擦が肌ダメージの原因になるので絶対にNGです。
    顔にあてるだけで黙っていても水分はタオルに吸収されます。

  9.  

  10. そして時間をおかずに化粧水を使って水分を与えましょう。

    コットンで化粧水パックもいいですが、先に顔全体に化粧水をのせていきます。

     

    手のひら全体で顔全体を覆うように化粧水を浸透させましょう。
    あとはいつも通り美容液や乳液、クリームなどで肌のうるおいをキープします。
    これで洗顔の一連の流れは終了です。

いちご鼻や鼻ぶつぶつにおすすめのスキンケアアイテム

ビオルガクレンジングで見た目年齢を若くしよう

使うアイテムによって同じケアでも仕上がりに違いが出てしまいます
せっかく毎日続ける毛穴ケアですから、

  • 鼻ぶつぶつでいちご鼻にならないよう
  • 黒ずみで見た目が不潔にならないように
  • 鼻がかゆいとか赤いなどの肌トラブルを招かないように

鼻の毛穴ケアにおすすめのアイテムを取り入れてみませんか?
ビオルガクレンジングは無添加クレンジングなので、敏感肌の方でも安心して使い続けることが出来ます。

 

美容関係の雑誌などでも度々取り上げられているので商品名は知っているという方も多いかもしれません。
クレンジングですからしっかりと汚れを落とすクレンジング力がありますし、洗った後のさっぱり感も心地いいです。

 

それだけでなく保湿力もあるのでサッパリなのにうるうるお肌をキープできるのも特徴のひとつです。
また、ビオルガクレンジングでは8種類の和漢植物を使用しています。

  • トウキ
  • オタネニンジン
  • カンゾウ
  • ハトムギ
  • ドクダミ
  • シャクヤク
  • 葛根
  • キハダ

これらの植物は肌の内側から温める力をサポートしてくれるので、毎日続けていけば肌全体がふっくら柔らかくなってきます
温められることで毛穴が開き、毛穴の汚れも落としやすくなるというわけです。

 

ビオルガクレンジングを使ってケアすると、肌全体に広がったクレンジングが肌全体をじわじわと温めて肌と毛穴の汚れを柔らかくします。
これで無理に力を入れなくても毛穴の奥の汚れまでスッキリ洗い流せます

 

そのほかにも17種類もの美容エキスが配合されています。

  • 紫外線対策のためのテンニンカ果実エキスレチノール
  • 乾燥対策にセラミド、ヒアルロン酸、グリセリン、トレハロースなどの保湿成分
  • お肌のハリ対策にコラーゲンやエラスチン
  • お肌の還元力をアップする働きがあるアスタキサンチン、アセロラ、コエンザイムQ10
  • 肌の内側からアンチエイジングケアするローマカミツレ花エキス、シャクヤク根エキスなど

エイジングケアには欠かせない5つの有効成分すべてが配合されています。
そのほか美容成分として含まれているのが高級シルク、スクワラン、ロイヤルゼリー、アーチチョーク葉エキスです。

ちなみに無添加ですから無香料無着色なのはもちろんのこと、

  • 鉱物油由来フリー
  • 紫外線吸収剤フリー
  • 石油系活性剤フリー
  • 旧表示指定成分フリー

日本国内の工場で生産されているため、品質管理も整っています。
クレンジングは見落としがちなエイジングケアです。

 

これまでただ汚れを落とすだけととらえていたかもしれません。
エイジングケアのひとつとしてビオルガクレンジングを取り入れて新しいケアをはじめてみませんか?

 

▼毛穴の汚れ、黒ずみ、くすみをごっそり落とすだけじゃない!▼

ビオルガクレンジング

>>ビオルガクレンジングの詳細はコチラから<<

 

鼻ぶつぶつ(いちご鼻)対策

>>鼻のぶつぶつ・いちご鼻対策のおすすめはコチラ♪<<